管理システムグループのごあいさつ

現在、私達を取り巻く環境は、目まぐるしく変化し続けております。このような変化に対応するため私たちはいち早く情報の収集・技術の習得に努め社会に貢献できるように努めていきたいと思います。
また、法令順守・環境の保持を再優先に事業活動をおこないます。

・ISMS基本方針

 管理システムグループは、「個人の想像力から生まれた情報が、快適なシステムを通して組織の価値となり、さらにそれが個人にフィードバックされ、より高い価値へ増殖するという、知恵を価値に変えるためのシステム」を提供することで、お客様との継続した信頼関係の構築を図りながら、全ての情報資産及び個人情報の重要性を認識し、様々なリスクから守るために、必要な情報セキュリティ対策を行うことが当社の社会的責務であると考えます。

 その為に、必要な情報セキュリティマネジメントシステムを確立します。これにより、法令順守を基本とした企業倫理の更なる向上と、情報化社会における安全性・信頼性の確保を行います。
行動指針

  1. 管理システムグループは、保有する情報資産の価値に応じた情報セキュリティ方針を策定し、その方針に基づいた管理策を適用したうえで、情報セキュリティマネジメント体制を構築して事業を行います。
  2. 情報セキュリティマネジメントの効率的な運営を行うために、最適な社内組織を設けます。
  3. セキュリティ要求事項を満たすために、全従業員及びその他関係者に適切な教育を実施する。
  4. 情報セキュリティマネジメントシステムの運用状況を定期的に監査し、継続的に改善を行う。
  5. 全従業員は、コンプライアンス及び、情報セキュリティ基本方針関連規定とガイドラインを順守するものとし、違反した場合には規定に準じ罰則を適用する。
  6. 管理システムグループは、お客様のコンプライアンス及び、情報セキュリティ規程を遵守することをお約束します。